新潟大学医学部産科婦人科学教室

リプロダクティブ(不妊・不育)

不育外来

不育外来とは?

不育外来は、妊娠はするものの流産や死産をくり返す「不育症」の患者様のための外来です。

当科不育外来の特徴は?

  • 長い歴史があり、多くの患者様の診療を行っています。
    1983年に不育外来を開設し診療を行っています。受診される患者様は毎年増加し、最近では年に100組以上の不育症の患者様が初診されています。これまで、1800組以上の不育症の患者様の診療を行ってきています。
  • 新しい検査、治療法を開発、応用し、国内のみならず、国際的にも情報を発信しています。
  • 新しい検査、治療法を開発していますが、その成果を患者様に還元しています。
新潟大学医歯学総合病院産婦人科不育外来患者数の推移(1983年~2015年)

不育外来受診の手順は?

不育外来は毎週月曜日の午前中に行っており、原則として予約制となります。最初の受診は月曜日、火曜日、木曜日、金曜日に行われる新患外来を受診して下さい。受診を希望される方は、なるべく、それまで診察を受けていた先生からの紹介状を持参して下さい。

不育症の原因は?

不育症の原因として以下のようなものがあります。

  1. 感染症
  2. 染色体異常
  3. 子宮形態異常
  4. 内分泌代謝異常
  5. 免疫異常:自己免疫異常と同種免疫異常

不育症の原因別頻度は?

図に示しましたように、免疫療法の対象となる同種免疫異常(これについては後で詳しく述べます)が約20%、自己免疫異常が約38%ですが、このうち20%は抗リン脂質抗体が原因として考えられるものです。
染色体異常が5%程度、内分泌代謝異常が6%程度であり、子宮奇形、クラミジア陽性などが、2%程度認められます。
また、原因不明の症例が25%程度認められます。

当科における不育症の原因頻度(%)

不育症の免疫的原因についての検査と治療とは?

当科不育外来では、不育症の免疫的原因についての検査、治療などを積極的に行っています。

【1】同種免疫異常による習慣流産と免疫療法
<当科不育外来では、不育症の免疫的原因についての検査、治療などを積極的に行っています>

体の中に異物が入って来たときにそれを排除し、体を一定に保つ防御反応

  • 胎児のもとである、受精卵は母体にとって一種の異物とみなすことができます。
  • 母体の免疫反応(免疫的拒絶反応)によって流産が起こる可能性があります。

では、多くの妊娠ではなぜ、このような免疫反応による流産が起こらないのでしょうか。

<妊娠が免疫的にうまく継続するためには、よい免疫反応が起こることが必要>

妊娠が免疫的にうまく継続するためには、「よい免疫反応」が生じることが必要と考えられています。
私たちは、この「よい免疫反応」の指標として、「遮断抗体」を測定しています。

「免疫療法」は、奥様に、ご主人の血液から得られたリンパ球を、注射するという治療法です。
治療前に十分なご説明を行い、希望される患者さんに治療を行います。
また、一種の輸血療法ですので、治療前にご主人の感染症の検査を行います。

通常は、ご主人のリンパ球の注射を、1か月間隔で2回行い、遮断抗体が陽性となってから妊娠していただきます。

「免疫療法」は、奥様に、ご主人の血液から得られたリンパ球を、注射するという治療法です。
治療前に十分なご説明を行い、希望される患者さんに治療を行います。
また、一種の輸血療法ですので、治療前にご主人の感染症の検査を行います。

習慣流産に対する免疫療法の成績(成功率)

当科における免疫療法の成績です。免疫療法を行い、その後妊娠された患者様140例中、110例(78.6%)の患者様で、妊娠がうまく継続しています。 一方、免疫療法の対象となるものの、免疫療法を行わないで、次回の妊娠を経験された患者様での妊娠継続の割合は、30.0%でした。

統計学的に明らかな有意差があり、免疫療法の有効性を示しています。
この免疫療法の効果について否定的な報告もありますが、ごく最近ではその有効性が見直されています。当科では、適応症例(免疫療法を行うことで効果が期待できる症例)を慎重に選び実施しています。そのことが上記の良好な成績に反映されているものと思われます。

【2】自己免疫異常と不育症

とくに抗リン脂質抗体が陽性の不育症の患者さんに対する治療

<免疫は自分の体に対しては、作用しません>

免疫が自分の体に対して作用する状態を自己免疫異常と呼びます。その時にできる抗体が自己抗体です。 自己抗体の中でも抗リン脂質抗体が不育症の原因として注目されています。

<抗リン脂質抗体が陽性の場合>

胎盤の中に血栓(血液の塊)ができやすくなる。
胎盤を障害する。
血管を障害する。
流産、死産、妊娠高血圧症候群などが起こる。

当科では抗リン脂質抗体として以下のような検査を行っています。

  • 抗カルジオリピン抗体
  • 抗フォスファチジールセリン抗
  • 抗カルジオリピンβ2GPI抗体
  • ループスアンチコアグラント

これらの抗リン脂質抗体が陽性の不育症の患者様に対して、内服薬による治療を行っています。

  • 自己免疫反応を抑えるための治療
    • 漢方薬(柴苓湯)
    • 副腎皮質ステロイドホルモン
  • 血液の固まりやすい状態を改善する治療
    • 低用量アスピリン

抗リン脂質抗体がそれほど強くない時には、漢方薬(柴苓湯)と低用量アスピリンの併用、抗リン脂質抗体が強い時には副腎皮質ステロイドホルモンの併用も行います。

抗リン脂質抗体陽性反復流産症例に対する治療の成績

当科での治療成績です。抗リン脂質抗体の検査を行い始めた頃に、治療を行わず次の妊娠を経験された患者様がいらっしゃいましたが、20%弱の方でしか、妊娠がうまくいきませんでした。このことから、われわれの行っている治療が有効であることが明らかです。 このような内服治療の他に、血液の固まりやすさを抑えるための注射薬(ヘパリンなど)による、治療法があります。 当科では、内服薬の利便性を考慮し、内服薬による治療を主に行っています。

私たちは、これらの成果を世界に向けて報告しています。(参考文献)