新潟大学医学部産科婦人科学教室

研究プロジェクト

臨床・研究について

現在教室では以下の研究グループで臨床・研究が進められております。

婦人科腫瘍グループ

  • HPVワクチンの有効性と安全性の評価のための大規模疫学研究
  • 下記の課題について、研究成果を臨床に実用化するトランスレーショナルリサーチに取り組んでいます。本研究室では、従来の分子生物学的手法だけでなく、次世代シークエンサーを用いた網羅的遺伝子解析(ゲノム解析、トランスクリプトーム解析)や網羅的タンパク質解析(プロテオミクス解析)といったバイオインフォマティクス的手法や婦人科癌における癌幹細胞培養などの最先端の技術を駆使し、婦人科癌の病態解明に努めています。

【研究課題】

生殖免疫グループ

  • 不育症と同種免疫
  • 各種生殖異常と主要組織適合抗原系
  • 各種生殖異常と遺伝子多型
  • 抗リン脂質抗体と習慣流産、妊娠高血圧症候群

生殖内分泌グループ

  • 無精子症に対する精巣上体・精巣内精子採取術と顕微授精
  • 多嚢胞性卵巣症候群における遺伝子多型の解析
  • HIV除去精子を用いた体外受精・胚移植

周産期グループ

  • 胎内診断・治療
  • 超音波による胎児の生理・病理に関する研究
  • 胎児心臓病に関する研究

学会・研究会発表

各研究班は臨床・学生教育の多忙のなか精力的に学会・研究会発表などを行っております。